話題独占のおせち
2018年10月3日

おせちに入っている料理の意味

最近のおせちには子供が好きなエビフライやウインナーなどを入れるということがあると思いますが、本当はおせちに入れる料理にはきちんとした理由や由来があります。

おせちが重箱に入っている理由はめでたさを重ねるというところからきておりそれぞれの段にこれを詰めるというルールがあります。一の重には祝い肴という数の子や黒豆など祝い事にふさわしい食べ物と口取りという酒の肴になる紅白かまぼこや栗きんとんなどの甘めの料理を入れます。

数の子は子孫繁栄、黒豆は魔除けや勤勉に働けるように、紅白かまぼこは赤は魔除け白は浄化、栗きんとんは豊かさと勝負運を願うという意味です。二の重はブリや鯛など縁起のいい海の幸の焼き物を入れます。

ブリは大きさによって名前が変わる出世魚で出世を願うという意味があり、鯛はめでたいの語呂合わせです。三の重は山の幸を中心に家族が仲良く結ばれるようにと願いを込めて煮しめです。

レンコンは穴が開いて見通しがいい所から将来が見通せるように、里芋は子芋がたくさん取れるところから子孫繁栄、ごぼうは根が深くはるところから代々長く続くようにという意味があります。

四の重ですが四は死と同じ発音ということで忌み数字と与の重と表します。ここには紅白なますやコハダ栗漬け、菊花カブ漬けなどの酢の物を入れます。紅白なますは水引をかたどっているとされ平安や平和を願う、コハダ栗漬けは将来の出世、菊花かぶは国花とされておりそこから長寿の象徴という意味です。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です