話題独占のおせち
2018年10月3日

おせちのなかみの由来について

お正月といえばテーブルの真ん中におせちのお重があるイメージがあります。

おせち料理はそれぞれの家庭の味があり自宅で作る人もいますし、料亭、和食レストラン、デパートなどで購入する人もいます。最近ではインターネットで前もって予約をしておくとお正月に合わせて届くのでとても便利です。

おせち料理は好きな食べ物をお重に詰めたらいいわけではなくそれぞれに意味や由来があります。重箱の数は地域やその家庭によってさまざまなのですが正式なものは四段重だといわれています。一の重は「祝い肴」といいお酒のおつまみとなるような料理を詰めます。

二の重は「口取り」といい甘い料理を、三の重は海の幸を焼いた料理を詰める「焼き物」といい与の重で野菜の煮物や山の幸が入ります。黒豆は家族が1年まめに働けるようにという願いと黒色が邪気を払ってくれるという意味があります。

数の子は子孫繁栄の意味が込められています。伊達巻は書物の巻物に見えることから知識が増えて文化が発展するようにとの願いです。日本ではおめでたいことの組み合わせに紅白が古くから使われています。

かまぼこがかたちが日の出に似ていて新しい門出にふさわしい、そしておめでたい紅白のものを詰めます。栗きんとんは見た目が黄色で黄金をイメージし、商売繁盛の願いがあります。まだまだたくさんありそれぞれの意味を調べてみるのも楽しいです。おせちの中に詰められている願いをひとつひとつ考えながら食べることで1年を家族で幸せに過ごせます。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です