話題独占のおせち
2018年10月3日

地域によって異なるおせち事情

正月には欠かせないおせち料理は地域によって大きな違いがあります。

生まれ育ったところとはことなる地域のおせち料理を食べて違和感を感じたことがあるという人も多いかもしれません。なぜ、地域差が大きいのかというと、昔の交通事情が関係していると言われています。

今は様々な移動手段がありますので、数時間で南から北まで移動をする事が出来ますが、昔はそのような状況ではありませんでした。そのため、その土地の食材を使用した料理が使われることが多くなったようです。そして、料理を食べるタイミングも地域によって異なります。

おせち料理を食べるタイミングは、大晦日もしくは元旦に分ける事が出来ます。主流派元旦から1月3日までの3日間をかけて味わうというものです。いくつかの説がありますが、日頃忙しく休みがない主婦を労うために保存のきく料理を食べると言われています。

しかし、一方で大晦日から食べ始めるというところもあります。大晦日に食べ始めるという場合、その年一年間を無事に過ごすことを願い、御馳走であったおせち料理を食べるという習慣が残っていると言われています。

どちらが正しいという事はありませんが、本来は大晦日の夜の「年迎え料理」という位置づけでしたが、時代の移り変わりとともに正月に来客をもてなすための料理と移行していったとも考えられています。いずれにしても1年に1回しか味わう事が出来ない貴重な料理として楽しみたいものです。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です